コロナ禍でもがく個人事業主(雑貨屋店主)の備忘録。


なかなか客足の戻らない観光地、北鎌倉で、小さな雑貨屋を営むポンコツが、コロナ禍の出来事や思い、今後について語ります。


❇ ❇ ❇ ❇ ❇ ❇ ❇ ❇ ❇ ❇


コロナで打撃を受けた雑貨屋のこれから、その6


【やりたいことができていないジレンマ】


「私は何がしたいのか」

「何がしたくて起業したのか」


自問自答する。

答えは明白だ。


果たして、今私は、やりたいことができているのだろうか…。



飽きてきたのか、気の緩みなのか、ほとほと疲れ果てたのか。

なんとなく世間一般が、新型コロナウイルス新規感染者数に一喜一憂しなくなった(メディアが煽らなくなった?)気がする今日このごろ。


東京都区内飲食店の時短営業要請が解除され、10月1日以降の東京発着go to トラベルキャンペーン対象ツアーの販売が始まり、観光業界からの期待が高まっている。

  

もしかしてもしかすると、これから始まる秋の行楽シーズンに、若干客足が戻ったりするのではないか?

過度な期待は禁物だけれど、ちょっとばかり楽観視してしまう自分がここにいる。


報道番組では、ほんの一部の気が緩みすぎた人々の、無防備にはしゃぐ姿が切り取られて映し出されるので、それはそれで怖かったりする。


実際のところ、私の周辺ではまだ不安が拭いきれずに、手堅く用心しているムードが強く、やはり、経済がコロナ前と同レベルに戻るには、かなりの時間を要すると考えられる。


そこまで生き延びる体力が、コンロランと経営者としての私にあるのだろうか(いや、たぶんないだろう)。


人通りが少なくてもまあまあの売上だったり、人通りが多くても入店客数が少なかったり、混雑したかと思えば殆どが冷やかしの暇つぶしだったり、買上客数がまずまずでも売上高は低かったり、びっくりするくらい誰も歩いていなかったり。


日ごとの差が激しすぎて、本当に先が読めなくて、相変わらず正解がわからないまま、それでも店を開けている。


そして、静かすぎる店内を眺めながら、生産性のない日々に疑問符を掲げ、私は自問自答するのだ。


私がやりたかったことは、ふたつ。


ひとつは、自分が海外で見つけたものを紹介すること。

もうひとつは、それらに付加価値である背後にある物語を添えて、自らの手で直接販売すること。


このふたつを併せて実現できる場として「コンロラン」を開業した。


しかし、現在のコロナ禍において、海外に行くことができない。

(国によっては不可能ではないが、これまでを上回る費用と時間を要し、多大なリスクを伴うことになる)

しかも、次に安全な渡航ができるようになるのはいつなのか、全くもってわからない。


ということは、やりたいことの半分はできていないことになる。


お客さまが激減している今、残りの半分もできているとは言い難い。

例えお客さまが増えたとしても、コロナ禍においては、以前のように、気易くお声掛けができない。


人と接することを極力避ける新しい生活様式の中では、販売の形態も変容せざるを得ない。

例えば、無人販売やオンラインショップへとシフトしていく訳だ。


そう考えると、私は私がやりたいことの2割くらいしかできていない気がするし、今後はもっとできなくなるかもしれないと思うと悩ましい。


そのために、毎月私財を投じて、店を維持し続けることに意味はあるのか。

免疫力が高い健康体を労働力として提供し、その対価を受けて納税し消費生活を営む方が、健全な社会参加ではなかろうか。


なんて、悶々と考えてしまうのは暇だからかな…。

10月になったら、こんなくだらないことを考える時間もないくらい、客足が戻るとよいなぁ。



旅ができない旅好きが、自らの乾いた心を潤すために、近場をうろついて旅気分を味わうよ。


静岡県の片隅で女子高生やってた頃は、「横浜に行く!」なんて、一大イベントの日帰り旅行で、ガイドブック買って入念に計画立てて、出掛けたっけな。


ことりっぷとかかわいいガイドブックもなかったし、スマホどころかネットもなかったから、おっさんが買うような堅苦しいガイドブックが頼みの綱だった(笑)


あの頃みたいな気持ちで出掛けたら、近場の横浜でだって新鮮に旅気分を味わえるかも!?


■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □


日本のサグラダファミリアと言われた横浜駅の白壁崩壊後、姿を現したJR横浜タワー!


東横線横浜駅改札を出てすぐの入口からシャルのB1に入り、エレベーターで12F「うみそらデッキ」へ。


コンビニ「グーツ」でカフェラテとフルーツケーキを購入し、横浜のビルと海と空を見ながらいただく。


誤算だった。

椅子が雨に濡れていて(いつ降った?)座れず、スタンディングコーヒータイムに。


空が青かったらもっと気持ちよいだろうけど、グレーの曇天を眺める。

空が近い!


6Fに下りて、ウインドウショッピングと、屋上広場のオアシスを楽しむ。


エスカレーターで階下へ下りながら、JR横須賀線のホームを見下ろす感じを楽しむ鉄子。


JOINUSにも繋がってたりして、かなり往来がしやすくなっている模様。

私自身も、仕事帰りのJR→東横線の乗り継ぎが楽になったものね。


はまレールウォークという名の連絡通路を通り、JR横浜鶴屋町ビルへ。


スーパーマーケット「文化堂」でお買い物をして帰宅。


カフェや、お酒が呑めるお店が結構あったので、追々少しずつ制覇できたらよい。




Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

雑貨のお店 コンロラン

鎌倉市山ノ内374番地1階 北鎌倉駅西口から鎌倉方面へ徒歩約5分 鉢の木さん手前、みどりのらせん階段が目印です

やよい青色申告オンライン

ロクシタン

はちみつジンジャーシロップ

1枚22円!マスクのサブスク

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ちょいとお試しです
    コンロラン
  • ちょいとお試しです
  • ちょいとお試しです
  • ぶらり、白楽〜東白楽さんぽのススメ。その2
    コンロラン
  • ぶらり、白楽〜東白楽さんぽのススメ。その2
  • 雑貨屋さんになるまで 7 「迷走ブログ」
    コンロラン
  • 雑貨屋さんになるまで 7 「迷走ブログ」
    なかの
  • 雑貨屋さんになるまで 7 「迷走ブログ」
    コンロラン
  • 雑貨屋さんになるまで 7 「迷走ブログ」
    なかの
  • 雑貨屋さんになるまで 2 「夢をあきらめないで」
    コンロラン

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM